これでうまく行った!私たちの賢い節約アドバイス

2014/12/26 00:23:26 |

サロンだとどうしても代金が高いという事から節約のためにと使い出したジェルネイルのセルフキットですが、買う際の初期費用はジェルなどがセットになったものを買えば硬化がすぐ終わるLEDのランプもついて1万円ちょっとくらいだったので、これは一回のサロン代と変わらないだろうという(むしろ安いくらい)ので思い切って購入しました。

 

ちなみに私はマニキュアは別としてジェルネイルについてはセルフに慣れているわけではなく、全くと言っていいほど初心者だったのでインターネットとか本などで勉強しないと無理かなと思ってたんですが、届いたスターターセットに使い方が丁寧に書いてあったので参考になりました。それに最近はシンプルな爪のデザインが流行っているので自分でやるのだって難しくありません。
節約もできてオシャレもできるジェルネイルキットお役立ちサイトはココ

 

最初はやっていると爪が薄くなってくる感覚があったんですが、これはサンディングと間違ったオフで爪にダメージがあることが分かりました。それから経験を積んで今セルフ歴2年目ですが、今でもどれぐらい傷をつければ良いのか分からず、ついついやりすぎてしまいがちです。なのでもしこれから初めてやるならサンディング不要のジェルネイルキットもあるので、そういったのを選ぶと爪にも優しいなと思います。

ジェルネイル代を節約するためにセルフキットを買ってみましたの続きはこちら
2014/12/26 00:23:26 |

我が家の節約はやり過ぎない丁度いい加減を目指しています。まずは引き落とされるお金、家のローンや光熱費、携帯代、保険、子どもの教育費などあらかじめ分かるものは予め全て計算して引き落としの通帳に入れます。目標の貯金も積み立て式の自動引き落としをりようしていて、残ったお金を4等分、1週間に使えるお金とします。

 

その中から食費などに使ってうまく行けば余る時もありますが月によっては足りなくなる月もあるので、そういう時は積み立てから崩してしまう時もありますが、それも計算して気持ち多めの設定にしてあります。細かい計算をするのも苦手なので家計簿は携帯のアプリを利用していて、レシートを読み込むと自動計算してくれるものを利用しています。抑えられるとしたら光熱費と食費だと思いますが、ガマンしてるというのが辛くなってしまうので、なるべく安いスーパーを選ぶとか割引を使うなどはしています。

 

例えば唐揚げの肉をモモ肉より胸肉を使うとか、ハンバーグにおからを混ぜておからハンバーグにするとか、材料にも工夫して、無理なくムダなくいい加減を目指しています。ダイエットにもなりますし。光熱費はムダにつけない使わないというのを気をつけているだけで、ガマンをするというより節約を楽しもうという考え方で子供とも楽しんでやっています。

いい加減な節約という逆の発想の続きはこちら
2014/12/26 00:23:26 |

私が節約しようと思ったきっかけは、子どもが生まれて主人の一馬力で生活をしていかなくてはならなくなったことがきっかけでした。それまでは外食も大好きで、夫婦それぞれ自由に外食したり買い物したりしていましたが、子どもが生まれてからは一度生活の見直しをすることにしました。

 

私なりの節約方法としては、まず今まで目を通すことのなかった広告に目を通すようになりました。いろいろなお店の広告に目を通して、その日に安いものをチェックしてから買うようになりました。今までカードなどはかさばるからという理由で作らなかったのですが、自分で決めたお店だけカードを作るようにし、ポイントを貯めて割引券をもらうようにしています。

 

ポイントを貯めやすい方法として、週に1度はポイント○倍デーという日があるのでその日にまとめ買いをし、お得にポイントを貯めるようにしています。最近ではエコバックを持参すると2円引きしてもらえるスーパーも増えてきましたのでそのような制度も有効活用しています。

 

公共料金では今まで携帯電話代が高かったので、楽天電話という通話料が半額になるアプリで電話するようにしています。そのアプリを使うことで随分と前よりも通話料が安くなりました。冷房なども設定温度を高めにして節約を心がけています。地道な取り組みですが、日頃からの心がけが大切だも思うのでこれからも実践していきたいです。

私なりの節約方法についての続きはこちら
2014/10/08 14:27:08 |

我が家は中学生の息子が二人います。私はひとり親なのでどうしても他の家庭に比べて収入は少ないですし、今の仕事を続けていくのであればこれ以上収入が上がっていく見込みもほぼありません。しかしついに子供二人を塾通いさせることになりました。

 

今まで決して多くない収入でもある一定額は貯金できており、マンションのローンなども地道に繰り上げ返済できていたほどでしたが、さすがに月10万の出費で赤字決定。息子の卒業まで貯金を切り崩す生活が決定してしまいました。

 

だとすれば入ってくるお金は同じであれば更に節約していくしかない。ただし、あまり引き締めすぎるのも精神的に良くないことは今までの経験から学んでいますので、やりたいこと1位の事は我慢しないで残り2〜3個については今回は見送るという方法を取っています。

 

私は舞台やコンサートを見るのが好きなのですが、まずその中でどうしても見たい第一位を決定し、それは我慢しないようにしています。しかしもう2つ3つ観たかった舞台については見送り、余裕ができたらDVDで見る事にしました。

 

そして楽しんだ分、毎日の生活でしっかり引締めます。外食は月1度程度とし、おやつもほぼ毎日手作り。買い物はこまめに行って見切り品をチェック。新しい服も最低限の購入にしたいので、今ある服を大切に着るようになりました。

 

大切なのは衣替えの時期!ここで服のメンテナンスをしっかりしてから収納にしまうことで、半年後に蓋を開けてみたら黄ばんでいたり虫で穴が開いていたなどのトラブルを防げます。少し元手がかかりますがストッキングは消耗品なので、冬の寒い時期は厚手のタイツにすれば破れないし一年以上余裕で履けます。

目的があるから自然と身に付く節約の続きはこちら

このページの先頭へ戻る